未分類

M&Aシナジー効果を120%引き出す!徹底活用術を紹介

握手

M&Aは大企業を中心としたものから最近では中小企業にまで裾野が拡大しています。中小企業のM&Aの場合、経営者の高齢化に伴う事業承継が多い中、M&Aでシナジー効果を狙うという場合もあります。

よく耳にする『シナジー効果』ですが、それは具体的にどんな効果なのでしょうか?

1)M&Aシナジー効果は4分類される

M&Aのシナジー効果とは、ロシア系のアメリカ人経営学者イゴール・アンゾフによって4種類に区分されました。

シナジー効果とは本来、企業買収等により、一つの企業が複数の事業を持つ事で、各事業が単独で運営していた時よりも大きな効果を得るという意味で企業買収が前提にあります。それらは、販売シナジー、生産シナジー、投資シナジー、経営シナジーの4つに分けられます。

では以下では、これらの4つのシナジー効果について解説します。

【1】販売シナジー

販売シナジーとは、販売面において相乗効果を得る事を意味します、単純にM&Aにより顧客や店舗数が増加し販売面が強化されます。同時に、顧客や流通を買収会社・被買収会社で共同使用する事でコスト削減が出来ます。また双方のブランドイメージを使ってPRする事で売上の増加も見込めます。

【2】生産シナジー

生産シナジーとはM&Aで会社の規模と市場占有率を大きくして資材の大量購入、工場の稼働率上昇でコスト低減を図る生産面の相乗効果です。

【3】投資シナジー

投資シナジーは、買収会社と被買収会社のM&Aで増えた経営資本を研究開発部門へ投資する事で研究開発シナジーを得る事です。自社ばかりではなく、ベンチャー企業に投資する事で将来的な自社との相乗効果を期待できます。

【4】経営シナジー

経営シナジーとは、M&Aを通じて買収会社と被買収会社の経営ノウハウを共有する事で生まれる相乗効果を意味します。また、異業種とM&Aしてその経営ノウハウを共有する事で、双方が新規事業開拓に高いアドバンテージを得る事が出来ます。

参考サイト:M&A総合研究所

2)現代のM&Aシナジー効果用語の色々

ファイルを持つ女性

現代の経営学では、アンゾフの提唱した4種類のシナジー効果だけでは説明できなくなりより細かい分類がされています。ここでは、アンゾフのシナジー効果から分類した4種類のシナジー効果と、その周辺用語について解説します。

【1】新しい4つのシナジー効果

新しいシナジー効果は下記の4種類が該当します。

①収益シナジー・・・・・

M&Aにより、買収会社と被買収会社の収益に相乗効果が起きて収益が伸びる効果

②コストシナジー・・・・

アンゾフの生産シナジーから分類したもので、工場稼働率の強化や生産の共有でコストを削減する効果

③事業シナジー・・・・・

企業買収により会社規模を大きくしスケールメリットによるコスト削減を期待できる効果

④税金シナジー・・・・・

M&Aの際の「のれん」や繰越欠損金を損益通算する事で支払う税金を軽減して得られる効果

このように、シナジー効果は社会が複雑化していくなかで、次々と新しい効果を産んでいます。

【2】シナジー効果の類義語「相補効果」

シナジー効果は1+1が2以上になる事を意味しますが、1+1が2になる程度の普通の効果をComplementary(カンプラメンタリー)相補効果と言います。

劇的なシナジー効果は見込めないものの、M&Aにより買収会社と被買収会社の業績が改善される事を相補効果と分類しています。

【3】シナジー効果の対義語は「アナジー効果」

シナジー効果とは逆に、M&Aによって期待した相乗効果が出ず、業績が低下する事をアナジー効果と言います。この場合は買収会社と被買収会社の強みが相殺されているか、弱みが増幅したのか、M&Aすべきではなかったかを検討し経営戦略を変更する必要があります。

【4】M&Aを完全無効!「ピュアカンパニー化」

M&Aが上手くいかずアナジー効果が発生した場合、買収した会社や事業を分離して、元の状態に戻す事をピュアカンパニー化と言います。簡単に言えば、M&Aを無効化してアナジー効果をひとまず消し去ってしまう事です。

また、複数ある事業全てに資金を投入する事が出来ない場合、将来有望な事業だけに資金を集中して投入する事もピュアカンパニー化と言います。

参考サイト:M&A総合研究所

3)M&A前に買収先のシナジー効果を調べる目安

M&Aシナジー効果を確実に上げるには、自社ばかりではなく買収先企業のポテンシャルチェックも必要です。買収先の会社がM&A後にシナジー効果を生み出すかどうかは、2つの要素で決定されます。それは内容リソースと外部ネットワークです。

この章では、内容リソースと外部ネットワークの2つについて解説します。

【1】内部リソース

内部リソースとは、買収される会社が保有する経営資源を意味しています。分析を通して、相手の経営資源の特徴と、それらを自社に組み込む事で得られるシナジー効果を検証します。

ここでは、内部リソースを構成する、人材、拠点、資金の3つを解説します。

(1)人材

人材はシナジー効果の重要な要素です。買収先の企業に勤めている従業員が持つ技術やノウハウで、どんな相乗効果が得られそうか考えます。例えば精密機械を製造する多くの特許を保有する企業を買収すれば、テクノロジーを活用して新製品を開発できるかも知れません。

貿易会社の従業員なら、外国のビジネスノウハウを保有しているので、海外進出を考えている会社なら海外に出先を造るのに有利になります。

(2)拠点

被買収企業の拠点が、自社と同じエリアにあった時には、双方の物流拠点を活用する事で効率的でコスト削減が出来ます。逆に、自社が販売拠点を持たないエリアに被買収企業の拠点があれば、お金を掛けないで新しい拠点を獲得できる事になります。

このように、被買収企業の拠点を自社と組み合わせて、どうすれば高いシナジー効果につながるかを検討します。

(3)資金

M&Aによって、資金を増強する事で効率が悪い無駄な投資をなくして、より確実性が高い投資に振り分けます。また、買収した企業と投資先が重なっている場合には、投資先を変えて二重投資を回避する事で効率的な投資が可能になります。

【2】外部ネットワーク

外部ネットワークとは、買収される会社と関係を持つ外部の経営資源の事で、顧客や取引先などがあります。被買収会社の外部ネットワークの分析を通して顧客のニーズなどを分析する事で、どのようなシナジー効果が出るか考えます。

(1)顧客

被買収会社の顧客のニーズを把握して、考えられるシナジー効果を検討します。例えば、自社と被買収会社の顧客層が似ている場合には、顧客固定化のための戦略と新規顧客獲得のための戦略を立てます。

逆に顧客層に、ある程度の違いが見られる時は、両社の顧客を固定化する戦略を取るようにします。前者と後者では、後者の場合が高いシナジー効果を得られます。

(2)仕入れ先

被買収会社と自社の仕入先を把握して比較検討し、どのようなシナジー効果が望めるかを考えます。もし、両社が同じ製品を仕入れている場合は、取引量の増加を理由に仕入れ値の値下げ交渉がしやすくなる等スケールメリットを使ったコスト削減が出来ます。

逆に、仕入れ先がバラバラな時は安定供給を考えて、敢えて二社から仕入れるなど経営方針に従った戦略を考えます。

参考サイト:M&A総合研究所

4)高いシナジー効果を出せるM&A要素

握手

M&Aシナジー効果を考える上での必須条件ではありませんが、下記の11要素も高いシナジー効果を得る指標になります。要素にはメリットもリスクもありますので、両方を解説します。

【1】シナジー効果を考える11の要素

シナジー効果を引き出せる、或いは阻害する要素は以下の11です。

ここからは、それぞれの要素について解説します。

・シナジー効果メリット

技術の相性
ブランド力
タイミング
競合会社の手強さ
市場規模の大きさ
投資金額
チャネルの規模

・シナジー効果リスク

独占禁止法
隠れ債務
従業員の離脱
PMIの失敗

【2】シナジー効果の7つのメリット

ここでは、シナジー効果メリットについて解説します。技術の相性、企業のブランド力、タイミング、競合会社、市場規模の大きさ、投資金額、チャネル(流通経路)の規模等があります。

(1)技術の相性

技術の相性とは、新しい商品を開発したりする上で、買収先と被買収先の企業の技術が近いか遠いかという事です。経営分野が近いなら比較的に少ない投資で、早期に新商品を開発できるかも知れません。

逆に遠い場合は、新しく技術習得をする必要が出てくるので、技術者の意見を聴いて相性がよい技術を持つ会社とM&Aしましょう。

(2)ブランド力

特に地方に顕著ですが、洋服を買うなら○○に決めているというようなブランド志向が顧客に根付いている地域があります。

ブランド志向は、商品の金額に余り左右されず、むしろ高いからこそ品質が良いと捉える場合もあるので、顧客を拡大するのに便利です。

M&Aではブランド力を持っている企業を買収した方が、後々に経営戦略が有利になりシナジー効果が発揮しやすくなります。

(3)タイミング

M&Aにはタイミングも重要です。業界が再編時期だったり、オーナーが高齢で体調を崩していたり、赤字に悩んでいる時は有利な買収が出来るタイミングです。しかし、タイミングだけを重視して、M&Aを躊躇し続けるとシナジー効果につながらず、逆にアナジー効果に悩む事になります。

(4)競合会社の手強さ

シナジー効果の一つには企業規模の拡大がありますが、それを実現するには被買収企業が地域で一番の占有率を占めている必要があります。

もし、競合会社が被買収企業の占有率を破ってしまうと、規模のメリットを失いシナジー効果も低下します。M&Aにおいては、被買収企業が、競合企業に対し優位に立っているかも重要です。

(5)市場規模

企業を買収する上で被買収企業のあるエリアに競合する同業他社が複数ある場合には、その中で一番占有率が高く市場規模の大きい会社を選びます。その理由は、占有率の高い企業が顧客のニーズを掴んでいる可能性が高く、ポテンシャルも高いと考えられるからです。

(6)投資金額

会社を買収して投資する開発費用が、新製品を開発して販売した売上が開発費を下回るとシナジー効果どころかアナジー効果になります。被買収会社の技術力に投資する金額と、実際の売上が釣り合うかどうかを慎重に検討する必要があります。

(7)チャネルの規模

チャネルというのは、商品を販売する末端の小売店の事を意味しています。買収しようと考えている企業が多様なチャネルを持っている場合には、シナジー効果が生まれやすくなります。

例えば、自動車部品を扱っている企業を買収するなら、カー用品店だけ自動車部品を卸している会社よりも、ガソリンスタンドや、ドン・キホーテのような総合ディスカウントショップにも、チャネルがある企業を買収した方がシナジー効果が望めます。

【3】シナジー効果のリスク

シナジー効果については、メリットばかりではなく、リスクについても考える必要があります。ここでは、M&Aでシナジー効果を得る際のリスクについて解説します。

(1)独占禁止法

スケールメリットを活用する為に、M&Aで会社の規模を拡大してシェアを大きくする事で事業シナジーを狙いたいところです。しかし、会社買収によってシェアを拡大しすぎると、不当な価格操作で健全な市場経済を阻害するとして独占禁止法に抵触する可能性があります。

特に、大企業同士でのM&Aでは、独占禁止法の疑惑を招きやすいので、専門家の意見などを受けて慎重に検討します。

(2)隠れ債務

シナジー効果が期待できそうな会社を買収したところで、帳簿にはない債務が出てくるリスクがあります。特に、株式譲渡をM&Aの手法で選んだ場合には、債務も含めて全ての義務が買主に移転してしまうので大ダメージです。

隠れ債務を回避するには、デューデリジェンスを慎重かつ完璧に施して、被買収企業を身体検査する必要があります。

(3)従業員の離脱

従業員はシナジー効果の基礎になる存在ですが、M&Aのタイミング次第では従業員の動揺を招いて大量離職に繋がる事もあります。これでは、元も子もなくなるので、M&Aのタイミングは慎重に見極めるべきです。

適切なM&Aのタイミングは最終譲渡契約を結んだ時です。被買収会社の従業員が動揺する暇を与えず迅速におこないます。

(4)PMIの失敗

PMIとは会社買収後の経営統合の事です。主としてハード面の人事や経理とソフト面の企業文化や社員同士の統合があります。しかし、全く企業風土が違う会社同士を統合するのはかなり難しく、M&A後では最も時間がかかり神経を使うアクションです。

PMIが失敗すると、M&Aの成功は台無しとなり、シナジー効果どころか、アナジー効果につながるマイナスが生じます。

参考サイト:M&A総合研究所

5)M&Aで高いシナジー効果を出せる分野

会議

M&Aでシナジー効果を出すには、現在有利な分野というものがあります。それらは、人間の生活に欠かせない分野であり、エネルギーのような資源に関するものや環境に関する分野です。

シナジー効果に確実性を求めるなら、それらの成長分野に積極的に投資するのもシナジー効果を得る近道です。

【1】環境エネルギー分野

石油資源の枯渇や二酸化炭素排出による地球温暖化等の環境破壊や、原発事故等の原子力エネルギーの行き詰まりによって脚光を集めているのが環境エネルギー分野です。

太陽光、風力、知力、波力、水素エネルギーなど、枯渇せず、環境も破壊しない再生エネルギーは全世界から望まれています。環境エネルギー分野の企業を買収する事で、高いシナジー効果を生み出せるチャンスがあります。

【2】医療

人間は生きていれば病気をしますから、医療が消滅する事はありません。ただ、病院は株式会社と違い、医療サービスを自分の手で価格設定できないので、患者の頭数だけが収益の柱です。その為、人口が減少した地方では赤字病院の廃業が続いていますが、病院の廃業は地方の医療レベルの深刻な低下を招いています。

そこで、M&Aを通じて病院を買収し医療レベルを維持すると共に、著名な病院のブランド力を利用して医療シナジーが見込めます。

また、複数の病院を保有して、エリアをカバーする事で、スケールメリットを活かし患者数を確保して経営を安定させる方法もあります。

【3】農業

食べる事は生きていく事の基本であり、確実に需要があるのが農業の業界です。会社を買収する側としては、すでに知名度が高いブランドを持つ農家を買収する事で農業シナジーを活用する事が出来ます。

また、農家は後継者不足により、培ってきた農業技術が消滅の危機にあるので、事業承継をしてくれる第三者のM&Aにも前向きです。

日本の農業は世界でも最高水準であり、投資により新品種を開発できれば経営シナジーを伸ばす事が出来ます。

【4】IT・ソフトウェア

経済のグローバル化で、従来のような物流管理や人事システムだけでなく、経営戦略の決め手になるビッグデータ活用などソフト面でもIT技術が欠かせません。

21世紀は、ITテクノロジーは全ての業種において必須な知識になるため、IT・ソフトウェア企業とM&Aする事で情報シナジーを活用し売上を伸ばすチャンスが生じます。

特に、中小企業では、IT・ソフトウェアを導入している企業は少ないので、将来的にもM&Aが有望な業界です。

参考サイト:M&A総合研究所

6)M&Aシナジー効果に関するQ&A

QとAを持つスーツの男性

ここまでは、M&Aシナジー効果について解説してきました。ここからは、M&Aシナジー効果について、上記で解説できなかった部分についての疑問・質問に解答します。

【Q1】シナジー効果の具体的な金額はどうやって求めればいいですか?

シナジーによる経済効果は、買収による利益と、買収にかかる費用によって算出される形です。つまり、企業甲乙のM&A前のpv(利益)からM&A後の甲乙のpvを差し引いた残額から乙社の買収費用を引いて出た価格がシナジー効果です。

①:買収による企業甲の利益=pv(甲乙)-(pv(甲)+pv(乙))

②:買収による企業甲の費用=買収資金-pv(乙)

③:シナジー効果=①の利益から②の費用を差し引いた金額

例えば、甲社の利益が3億円、乙社の利益が1億円、M&A後の利益が5億円とすると、M&A後の利益から甲社と乙社の利益を差引きして1億円になります。

買収による費用は、乙社の利益の一億円から、乙社買収に掛かった費用を相殺して出します。つまり、乙社買収に1億六千万円かかっていた場合は、1億円-1億六千万円なので=6千万円が費用です。最後に、M&A後の利益の1億円から、費用の六千万円を引いた4千万円がシナジー効果の具体的金額という事です。

参考サイト:N’s spirit投資学&経営学研究室

【Q2】シナジー効果には3つのコストがかかると聞きました。この3つのコストとは具体的に何を示しているのですか?

M&A後のシナジー効果を得るには、調整コスト、妥協コスト、非柔軟性コストの3つの費用が掛かります。

①調整コスト:買収後の企業との連絡や連携、作業のすり合わせなどのコスト

②妥協コスト:部品の共有化のための製品の特徴を変更。共同配送になる為、配送タイミングや頻度に変更が生じる

③非柔軟性コスト:企業が二つになる事による責任所在の曖昧、双方が相手により多くの変革を望み、努力を回避する

シナジー効果は、1+1=を3にも5にもする魅力的な効果ですが、その前段階で3つのコストの壁を超えないといけません。ここで失敗すると、逆にアナジー効果が出てしまう恐れもあるのです。

【Q3】会社を買収する事なく、自社のリソースを使ってシナジー効果を引き出すシナジー戦略とは何でしょうか?

シナジー効果は、本来、経営戦略において企業が複数の事業を持つ事で、それぞれが単独で運営していた時よりも大きな効果が出る事です。しかし、他社を買収したり、連携したりしてシナジー効果を得るには、調整コスト、妥協コスト、非柔軟性コストという時間と費用が必要になります。

そこで、すでに持っているリソースを活用して、新しい価値を創出する事をシナジー戦略と言います。身近な所では、居酒屋店舗が蜂蜜酒のような薬酒を扱って、昼間は健康志向のお店を開き、昼夜で客層を替えて顧客を増やすのも戦略的シナジーです。

また、タクシー会社が観光ガイドを雇用して助手席に乗せ、文化財を巡る顧客のニーズに応える方法もシナジー戦略です。

シナジー戦略なら他社が必要ないので、3つのコストは不用であり、すでに持っているリソースがそのまま活用できるのが強みです。

7)この記事のまとめ

M&Aシナジー効果について、これまでの解説をまとめると以下のようになります。

●シナジー効果とは、経営戦略において企業が複数の事業を持つ事で、それぞれが単独で運営していた時よりも大きな効果を得るという意味。

●シナジー効果は、アンゾフにより、生産シナジー、販売シナジー、投資シナジー、経営シナジーに分類された。

●現在は、アンゾフの4分類に加えて、収益シナジー、コストシナジー、事業シナジー、税金シナジーなどが加えられる。

●M&Aシナジー効果を高めるには、被買収企業の内部リソース(人材・拠点・資金)と外部ネットワーク(顧客・仕入先)のポテンシャルを審査する。

●高いシナジー効果を得やすい分野には、環境、IT・ソフトウェア、農業、医療のようなジャンルがある。

●シナジー効果を引き出すには、調整、妥協、非柔軟性の3つのコストを支払い、乗り越える必要がある。

●シナジー効果は他社を買収するばかりではなく、自社の既存リソースを活用し新しいシナジー効果を生み出す事も含まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です