未分類

飲食店のM&A相場はどれくらい?店舗の現在価格をチェックしよう!

ビジネスマン

将来の目標としてM&Aで飲食店を経営してみたいというサラリーマンは多いようです。理由は一国一城の主になれる事、自己表現が出来る、ニーズが常にある、実店舗を持つアナログ経営で人と繋がれるなどです。では、そんな飲食店を取得する際のM&Aの相場はいくら位なのでしょうか?

1)飲食店M&A相場はどれくらい?店舗経営するメリット6選

飲食店M&Aの相場を紹介する前に、飲食店の経営にどんなメリットがあるかを解説します。様々な業種の中でも挑戦する人が多い飲食業界ですが、そこにはなるほどと思うメリットがあるのです。

【1】ネット万能の時代にこそ見直される飲食業

日本において、飲食業の走りである茶屋が登場したのは室町時代と言われています。職人歌合などの16世紀初期の中世の絵画史料には寺社の門前で簡単な店舗を出して茶食を提供する職人の姿が描かれていました。

そこから考えると、飲食業の歴史は500年以上にもなりますが、お客と経営者が顔を合わせて商売をする形式は変化せず今でも続いています。

21世紀のネットの時代では、むしろFace to Faceで顔が分かる飲食業がコミュニケーション創造のツールとして新しいチャンスを産んでいます。

ここでは、古くて新しい飲食業の新しい魅力とメリットを6つ紹介します。

参考サイト:繁盛店にするために必要な集客方法の本質を教えます

メリット1:一国一城の主になれる

古くて新しい、飲食業がネット時代に新しく生み出したメリットと魅力を解説します。

飲食店を経営する上でのメリットはなんといっても一国一城の主になれる事でしょう。すべての決定を自分で下し、やりたくない事はやらず、自分で経営企画、開発、運営が自由に出来ます。

特にサラリーマンを長年経験した方には、上司の命令で嫌々業務をやらなくていいのは最大のメリットです。

メリット2:オリジナリティが出せる

飲食業はジャンルが多彩で、ほぼ無限とも言えるオリジナリティを出す事が出来ます。最近では猫を店内で放し飼いにしてお客と猫が触れ合えるネコカフェのような喫茶店が人気ですし、新書を読みながら飲食出来るBOOKカフェもあります。

このような、ジャンルにとらわれない経営が出来るのも、食べるという人の本能に直結している飲食店のメリットです。

メリット3:大手チェーン店と互角に戦える

飲食店のメリットとして、大手チェーン店に対して互角に戦えるという部分があります。長年経営してきた飲食店には多くの場合、常連という顧客がつき、その飲食店の雰囲気や料理、スタッフに会いたくて足を運んでくれます。

スナックや小料理屋のようなケースを思い浮かべると、簡単にチェーン店に駆逐されない飲食店の強みがイメージできると思います。常連客が離れがたい魅力を店舗が持っていれば、大手チェーン店に関係なく小さな飲食店でも息が長い営業を続ける事が出来るのです。

メリット4:現金商売で資金繰りがしやすい

個人経営の飲食店の場合、売上は現金収入、経費は後払いというケースがほとんどなので資金繰りがしやすい業種です。仕入れは最初に業者から食材を仕入れ、その後月末などにまとめ払いをするのが一般的でしょう。

手元に現金が残り、元手が減らないまま商売が出来るので他業種のように手形が振り出せず倒産というケースが相対的に少なくなります。

メリット5:参入障壁が低くすぐに開業できる

飲食店は店舗と食品衛生責任者の資格(6時間の講習で取得可能)、そして保健所の許可があれば誰でも開業できます。簡単に言うとお金さえあれば、特に技能などはなくても思い立ったら起業が出来るジャンルなのです。

しかし、それは裏を返せば競合が多いという事でもあり、開業後は経営者としてのセンスが絶えず問われる事になります。

メリット6:ネット社会に希薄な人との繋がりで生き残れる

リアルな店舗を持つという事は、サービスのやり取りに必ずFace to Faceの交流が起こります。飲食店で伏し目がちに接客をする経営者は基本いませんから、どうしても声や表情などでお客と接点が生まれるのです。

この顔が見えるお付き合いで生まれる貴重な価値が「信用」なのだそうです。

2016年の経済産業省の発表では、ネット通販市場の相場は15,1兆円、EC化率は5,4%、スマホEC市場は2,5兆円になり、amazonに代表されるようなインターネット決済も当たり前ですが、同時に「顔が見える信頼できる相手と繋がりたい」という消費者願望も増えています。

特に、商売のエリアが限定される個人の飲食店だと信頼は顧客の足をお店に向けるための貴重な価値になるのです。

あなたが誠実な人柄であれば、顧客の信頼を積み重ねて、息長く飲食業を続けていくのも不可能ではありません。

※参考サイト:ダウン症優の成長期ブログ&現役カフェオーナーによる飲食店開業講座ヨッシー店長の家

2)飲食店M&A、金額の相場はどれくらい?

スーツを着ているビジネスマン、考える

飲食店のM&Aには相場があるのでしょうか?実際には、飲食店のM&Aにはこれという決まった相場は存在しません。飲食店はカテゴリーが多彩であり経営者により店の形態も違うので一概に幾らという相場が決められないのが理由です。

そのような点を踏まえた上で、ここではおおよその飲食店M&Aの金額相場について解説します。

【1】飲食店のM&A相場は100〜250万円

飲食店のM&Aを本気で考えるなら、最初に資金面が気になると思います。実際のM&Aでの飲食店売却価格は100万円から250万円で、新規開業する際の予算500〜600万円に比較すると半分から1/6で済みます。

これを聞くと「思ったよりも安い」という方が多いのではないでしょうか?その大きな理由は、最も人気がある飲食店が10〜25坪で、経営者1人にアルバイト2名程度の小規模店舗に人気が集まっているからです。

もちろん、それ以上の規模の飲食店になると、100万から250万円という相場よりもずっと高くなります。

【2】M&A金額を決める要素は?

飲食店のM&A相場は、1つではなく様々な要素が組み合わさって決定されています。例えば、飲食店の売上高(目に見える数字の部分)や設備、ブランド力、店舗数、好物件(立地・郊外なら駐車場の広さ)で計算されます。

飲食店を売却する側は、このような要素を総合的にまとめてデータ化して買い手に提示し、買い手はデータから将来性や何年で資金回収できるかを考えます。

参考サイト:M&A総合研究所

3)飲食店M&A、相場価格を上昇させる方法

飲食店 店長

少しでも店舗を高く売却したいのであれば、その売却したい店舗に十分な価値がある事を買い手に伝えないといけません。また売却では事業の魅力や将来性、安定性など買い手との間に認識の違いがあり適正価格で売却できなくなる可能性もあります。

その為に、少しでも高く売りたいだけではなく、適正な金額で売却したい場合も事業価値を正確に伝えないといけません。この章では、飲食店の売却価値を高める6つの鉄則を紹介します。

【1】飲食店を高く売る為にするべき6つの鉄則とは

前述したように、飲食店をM&Aした時の相場の平均は100〜250万円という他業種に比較すると安い価格になっています。これから新しく飲食店を始める経営者は安くて良いですが、お店を売却しようと考えている方には安すぎるという思いもあるでしょう。

しかし、以下の6つの鉄則を駆使する事で、売却しようとしている店舗の価値を上げるのは不可能ではないのです。

それでは売却する店舗の価値を上げる6つの法則について解説します。

鉄則1:ライバル店との違いを明らかにする

あなたの飲食店の周辺に競合店がある場合、買い手はそれらの飲食店とも交渉を開始する可能性があります。その場合、競合店にはない自店舗のメリットをPR出来ないと高値で売却する事は出来ないでしょう。

ライバル店との違いをPRするポイントは収益性や立地、安定性、駐車場の大きさ、流行の有無などがあります。これらのデータは、独りよがりではいけないので、競合店の大体の客数などを曜日ごとに調査して出来るだけ詳細なデータを造りましょう。

買い手が数ある飲食店の中で、あなたの店舗を思わず選ぶような魅力的なデータを提示できれば店舗を高値で売却できます。

鉄則2:数字に基づいて収益性を予想

データを取る上で決定的な説得力を与えるのは数字です。いくら言葉の修辞で説明しても買い手はピンときませんが、具体的な数値を挙げると気持ちは動くものです。

ただし、1年だけ高い収益を上げられても事業としての魅力はあまりなく、連年の収益性を買い手は重視します。何故なら、この店舗を買収して何年経営すれば買収費用を取り返し、次に収益を挙げられるかが買い手の関心事なのです。

少なくとも直近3年分の売り上げデータを提示しましょう、それが常に黒字をあげているなら有力なPRポイントになります。

また、収益性の予測には例年の年間利益ばかりでなく、メニューの人気の変化等もデータ化する必要があります。大抵の飲食物には流行による売り上げの上下がありますので、今は人気があるメニューでもやがて人気が落ちるのが普通です。

飲食物メニューデータを提供する事は、買い取りたい側の経営方針に役立つので売却価格にはプラスに働きます。

鉄則3:現実的な売却ラインを把握

飲食店のM&Aが失敗する大きな要因はデータに基づかない高額な希望売却価格の設定があるようです。希望売却価格に見合う収益性や安定性のデータがあれば、買い手も受け入れるでしょうが、そうでないと白けるだけです。

相手も貴重な時間を割いてM&Aの交渉に臨むわけで不毛な時間を使ったと思われては、今後の関係にも悪影響が出るでしょう。

手塩にかけた店舗ですから、思い入れが売却価格に反映するのが人情ですが、そこはビジネス!データに基づいた現実的な売却ラインを設定すべきです。

鉄則4:清潔な店舗には高値がつく

「うちの店舗は内装も古くて、大した価値はつかない」と思っても、毎日、手を抜かずに客席や厨房を清掃してきた店舗には高値がつく事があります。飲食店にとって清潔感はとても大事で、逆に煤けた厨房やあちこちにタバコの焦げが放置された店舗で高値は絶望的です。

ただ、こればかりは、普段からいかに店舗を大事に扱い衛生に気を配っているかですので毎日清掃を積み重ね店舗を維持するしかありません。

鉄則5:店舗の構造はシンプルがベスト

買い手が売り手の飲食店を一切変えずに営業を引き継ぐというのは考えにくいものです。やはり、大々的に店舗改装をして自分好みの内装に変えようとすると考えるのが自然だと思います。

そうなると、あまりに特殊な構造をしていて改装が大変な飲食店では売却価格も低くならざるを得ません。特に座席数があまり確保できない構造では収益にも響くので高値は期待できません、店舗構造はシンプルにしておきましょう。

鉄則6:M&Aアドバイザリー会社に依頼する

上記に挙げた鉄則以外にも、飲食店に特化したM&Aアドバイザリーに相談するのも有効な方法です。売却の失敗には、売却時期を間違えた、思っている程の高値がつかなかった、資料・データ不足で信頼関係が出来なかった等です。

このような失敗を防ぐには飲食業界の事情に精通しているアドバイザリーに相談するのが賢明だと言えます。

もちろん、M&Aアドバイザリー会社に正式に依頼するとなると手付金や中間金のような費用と成功報酬が必要になったりしますが、上手く活用できれば単独でM&A相手を探すよりも遥かに効率がよく高値で飲食店を売却できます。

参考サイト:事業承継・M&Aラボ
参考サイト:店サポ.jp飲食店舗専門情報サイト

4)飲食店M&A、相場より店舗を安く買う方法

ビジネスマン 考える

飲食店をM&Aで手に入れようとする時、買い手としては相場より安く買いたいのが人情です。しかし、多くの場合、売り手は少しでも高く売ろうとしますので両者の利益は相反するのが当たり前と言えます。

ですが、売り手の中にはやむを得ない事情で格安で店舗を手放すオーナーもいるのです。それを上手く利用すれば、より安く好物件を手に入れられるかも知れません。

【1】格安で店舗が手に入る飲食店の特徴とは?

格安で店舗を手に入れられる飲食店とは、経営が上手く行っていない店舗の事を意味しています。間違って欲しく無いのが、人気が無く客が入っていないお店の事ではなく繁盛しているのに赤字になっている店舗です。

このような店舗の場合は、上手く買収して経営戦略を変えるだけで大きな利益を出す店舗に化ける可能性があります。

(1)原価率が高く繁盛しても儲けの出ない店舗

飲食店M&Aを相場より安く買えそうなお店の特徴とは何でしょうか?

繁盛しているのに儲からない飲食店は多いようです。その原因は上質な料理をお客様に提供しようと原価が高くなり利益が減少するためです。美味しくて安いので店は繁盛するものの、高い原価率のせいで利益が上らず経営はいつまでも火の車になってしまうのです。

例えば、飲食最大手のゼンショーの原価率は36-40%で、これには人件費や経費までも含まれています。異業種を巻き込んでチェーン展開しているゼンショーでさえ、この原価率なので、この数値を大幅に上回ってしまう原価率で商売をしている飲食店は危険です。

繁盛していて忙しそうなのに何故か売りに出されている飲食店は狙い目です。

(2)内装にお金をかけすぎて返済に耐えきれない店舗

飲食店のオーナーが内装にお金を掛け過ぎた結果、赤字になるケースは結構多いようです。料理は美味しいし、お客も入って繁盛しているけど、内装に掛けた借入金が経営を圧迫して儲けがほとんど出ないのです。

このような店舗の場合には、売り手のオーナーは経営がどうにもならずに借入金さえ何とか完済できればというバーゲンセールになる可能性もあります。

上手く買収できれば、豪華な内装を持った高級志向の飲食店を格安で手に入れられるので有利に商売が進められます。

【2】開業資金から借入金を逆算し売却可能額を予測する

初めて飲食店で独立、開業する人の平均的な開業資金は500万円〜600万円が一般的です。ここでは、その中から一般的な開業支出の内訳を見て見ます。

開業予算:500万円〜600万円

物件賃料:20坪、賃料20万円/月

・敷金120万円
・礼金40万円
・不動産手数料20万円
・運転資金100万円
・改装費100万円
・借入金120万〜220万円

参考データ:店サポjp.飲食店舗専門情報サイト

内訳のように、店舗開業資金の80%から60%程度を自己資金でねん出して、残りを借入金とする事が多いようです。つまり、お店としては繁盛していても経営が赤字の店舗は借入金の返済がネックになっているケースが多いと推測できます。

ですので開業資金の60%から80%を自己資金として捉え、残りを借入金と考えれば借入価格を買収金額として提示する事で格安で店舗が手に入ります。

※あくまでも例であり、目安である事をご理解願います。

【3】経営以外の理由で売り出された飲食店を再生する発想

上記のような、経営は上手くいって繁盛していても他の部分で赤字が出ているような飲食店はM&Aにより安く買収できる可能性があります。こうして買収した上で、原価率を見直したりする事で採算が取れるようにすれば、最初から繁盛店を手に入れる事が出来ます。

昔、ヤクルトスワローズの監督だった野村克也が、一度ダメになった選手にアドバイスを与えて能力を伸ばし一流選手に育て野村再生工場と呼ばれましたが本来なら黒字になる赤字飲食店を買収して、採算を見直して再生させるのは、それに似ていると言えます。

※参考サイト:M&Aファイナンス新聞

5)飲食店のM&A相場に関するQ&A

Q&A

ここからは、上記で触れなかった飲食店M&A相場についての疑問、質問に解答します。

【Q1】飲食店を開業したいのですが資金面に不安があります申請できる助成金などはありますか?

飲食店開業に使える人気の助成金は2019年現在、3つあり、いずれも労働者のキャリアアップを目指したものです。

(1)キャリアアップ助成金

非正規労働者のキャリアアップ促進を目的とした助成金で従業員の正社員化など待遇改善に取り組んだ事業主に支給する助成金。

(2)特定求職者雇用開発助成金

高齢者、障害者等の就職困難者を雇用する事業主をサポートする助成金。

(3)トライアル雇用奨励金

職業経験の不足から就職が難しい求職者を3か月試用雇用し、その後の常用雇用への移行や雇用のきっかけとする助成金。

これらの助成金は一定の要件を満たすと高い確率で受け取れ、返済する必要もないので是非活用したい所です。ただし、助成金は労働保険料が財源です、労働保険料を支払っていない事業者は、そのままでは受け取れませんので注意しましょう。

また、助成金はあくまでも創業や雇用に掛かった費用の一部を後から助成する性質なので創業・雇用前には受け取れません。

【Q2】都心で小さな飲食店を経営しています。業績が思わしくなく店を譲りたいのですが、買い手がつきやすい坪数等はあるのでしょうか?

都内の飲食店で一番売りに出されている飲食店物件は10坪から25坪くらいのものです。これくらいの坪数だと経営者が厨房に立ち、アルバイトを1〜2人雇って経営を回せ、手頃だと考える希望者が多く、逆に30坪、40坪だと大きすぎます。

もっとも、こちらは都心の傾向で地方や郊外だとまた需要は変わってくる可能性はあります。

【Q3】格安優良の飲食店物件を見つけましたが、売り手の話では事故物件のようです。ただ、私は幽霊や祟りの類は信じていませんので買収しようと思いますが、一般に事故物件に割引率等はありますか?

事故物件は正しくは心理的瑕疵物件と言います。瑕疵とは傷の意味で「本来備わっているべき性能や機能、品質などが欠けている状態」を指す法律用語です。昭和37年の大阪高裁は瑕疵物件について以下のような見解を示しています。

「建物にまつわる嫌悪すべき歴史的背景など客観的な事情に属しない事由をもって瑕疵といいうるためには、単に買主において右事由が存する家屋の居住を好まぬというだけでは足りず、さらに進んで、それが通常一般人において右事由があれば

「住み心地のよさ」を欠くと感ずることに合理性があると判断される程度に至ったものであることを必要とする」

難しいですが、歴史的な大殺戮があったような建物以外で、建物に心理的な瑕疵があると認めるには、買主が嫌だというばかりではなく一般人においても「そんな家に住めないな」と感じる合理的な理由が必要という事です。

そして、心理的瑕疵物件として認められるのは、

①住宅自殺があった
②同マンション内で過去に殺人事件があった
③住宅における孤独死・自然死
④近隣で事件や事故、火災などがあった
⑤住宅で殺人事件があった等があります。

また心理的瑕疵物件は敬遠されがちで、相場と同じ値段で売り・貸しに出しても借主や買い手が見つからないので割引がなされます。

・自然死、孤独死の場合:相場の1割
・自殺の場合:2〜3割程度
・殺人事件の場合:3〜5割程度

6)この記事のまとめ

見出しリード文:飲食店M&A相場については、以下のようにまとめる事が出来ます。

  • 飲食店は開業費が安く資格がなくても始める事が出来、現金商売で資金繰りが楽であり、接客メインなのでネット社会でもFace to Feceで繋がれ長く営業できる。
  • 飲食店のM&A相場は、100万円〜250万円で新規開業の半分から1/6と、かなり安く買い取りする事が出来る。
  • 飲食店を高く売却するには、競合店との違いを印象ではなく数字のデータで説明する事が必要、また間取りのシンプルさや店の清潔感も価格に反映される。
  • 相場より安く飲食店を手に入れるには、原価率が高すぎたり、内装にお金を掛け過ぎるなどで繁盛していても利益が少ない店舗が狙い目である。
  • 心理的瑕疵物件とは、殺人事件、火災事故、自然死など、心理的不快を与える事件のあった物件を意味し、多くの場合、通常価格より安く売却されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です